2006年03月08日

思うところがあるのです。

まずは今日のさくちゃん(^ー^* )フフ♪
2006030802.jpg
今日も万歳ポーズですねヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
全身はこんな感じ
2006030801.jpg

寝るときはこんな感じで毎日寝ていますよ〜。ってこの前も書きましたね(^-^;)


さてさて、今日のタイトル「思うところ」とは、先日テレビで花粉症の話をやってて、その中で「ホメオパシー」のこともやりました。
私は妊娠中にいろんなことをやってきたのですが、最後の最後に手を出したのがこの「ホメオパシー」でした。

妊娠中にこれってどうなん?って思ったけど、結局私は帝王切開Σ(゜口゜;
結果もなにもないですね(・Θ・;)アセアセ…

でも、術後に傷にいいレメディとかを取っていたからなのか、そんなにしんどくない術後を過ごせましたよ。
でも、いまは何もしていませんでした。
私はちょっと変わった人?っていつも思われているかもしれないけど、自分で何かしたくて仕方ないんですよ。

いままでのブログを見ていた人は気が付いたかも…そうなんです。うちはいまのところ予防接種も受けていません(声は小さめに)_-)))コソコソ
変?ですか?(?-?)
時折「みんなに迷惑をかけないように予防接種を受けさせるのが親の努め!」という子育てブログとかを見て「じゃあ、私って世の中からしたら迷惑なのか?」と犯罪者気分(≡д≡) ガーン
だって、ちゃんと推奨だよ?義務じゃないんですよ?
産婦人科の看護士の友人とも話したのですが、どっちのリスクを選ぶかは親次第なんですよね。
ただ、予防接種は絶対じゃないから、大人になって予防接種をしたのにその病気にかかることもあるんですよ。って書いてないんですよ(パンフレット見ても書いてありませんでした)

で、なんでこんなこと今書くのかというと、そのホメオパシーでそういう病気も治ると言うのです。
花粉症も一緒なんですよね。
まあ、私は花粉症は去年同様「レンコン汁」で今のところ安心 ̄m ̄ ふふ

なので、娘のホッペが一進一退なのを相談しています。
どんなレメディが処方されるのか、それが効果あるのか、はしかとかおたふくにかかったときにホメオパシーで逃すことができるのか、その辺を人体実験じゃないけど、さくちゃんには私の娘に生まれてしまった運命と感じて一緒に成長していってもらおうと思います(・Θ・;)アセアセ…

ちなみに、私も子供の頃予防接種は必要なものしか受けていないなあ。でも、実家の母は「そんなの受けなくたっていいんだよ。子供のうちにかからないと、大人になってかかったら重病になるよ」だって。じゃあ、なんで私は受けたのがあるのよ???
義妹は受けていないので、子供の頃、百日咳とかもかかったらしい。でも、生きてるよ。
(-ω-;)ウーン

この件で「さくちゃんかわいそう」とか「受けなきゃダメだよ!」っていうコメントはいらないです(えらそう?)
みんなはみんな。うちはうちなんですよ。ダンナがそうしようと言ってきたので、曲げません。
ちょっとはかわいそうかな?って思うこともあるけど、決めたことはちゃんと守りたいなあと思うのです。

これからどうなるかはわからないけど、こういう人もいるんだよってわかってもらえたら嬉しいなあって思います。


***********************

今日はさくちゃんおトイレでチッチ3回しました。
目が覚めてトイレに行くとき「アーンパンマーン」って歌いながら行くから嬉しいみたい ̄m ̄ ふふ
泣かなくなったし、えらいなあって思います。

強要はしていないんだよ。トイレの方が気持ちいいんだよって教えてあげているだけ。だから、いつもニコニコ。あとはウンチだ!


変な話ばかりの今日のブログだけどとりあえず押しちゃえ↓
posted by ぽんつま at 17:25| 兵庫 | Comment(8) | TrackBack(1) | 育児日記(7ヶ月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思うところ・・・。
私も予防接種は悩みましたが、一応
今のところ一通り受けさせてます。
でも、悩みましたよー。だからぽんつまさんは
えらいなぁって思います。
離乳食のことでも、うちはかなぁり遅くする
つもりだし、それだって廻りに何を言われるか・・・
って・・かなりビビリですよ。
予防接種はもっとビビっちゃうかもです。

ホメオパシー。妊娠中はお世話になったけど
そういや産後は全くご無沙汰でした。
ハーブティーは飲んでますよ。
免疫力UPのハーブを飲み始めたら
効いて驚いてるところです。

れんこん汁、ひどい時にやろうと思ってます。
教えてもらってありがとうございました。
関係ないけど、私はれんこん大好物ですよ。

Posted by よしこ at 2006年03月08日 17:35
ぽんつまさんのブログではほんと私の知らないことが結構書いてあって勉強になります〜。ホメオパシー?って初めてききましたヨ。レンコンもいいんですね〜!この間フキもかなりいいらしいとやっていましたよ。アクもとらないで、味噌汁なんかにするといいみたいです。予防接種ね〜、実は自分が17才の時に水疱瘡にかかり、水泡がかなりひどかったっす(* ̄m ̄) ププッ
Posted by とるとる at 2006年03月08日 18:27
私は一応、公費で受けられるものは
受けました。
免疫は成長するにつれて切れるもの
とかありますが、罹ったとしても
軽度に抑えるため、と思っています。

ぽんつまさんの考えもあるから、否定
なんてしませんよ。
子供に何をしてやるかは親次第ですよ。
Posted by えりん at 2006年03月08日 20:02
>よしこさん
えらくないですよ。人それぞれ考えがあるのですからね、少数派な私はちょっとこそこそしていますけど(^-^;)
ただ、この件に関して義母にも話してあるのでそれは安心しています。(そういうことでもめたくないってことで)あとは理解ある病院を見つけるだけなんですけどね(^-^;)

逆にうちは離乳食は振り回されるようにバタバタ始めて今は2回食。もうちょっと遅くても良かったかなあと今更思ったりするんですよ。
よしこさんもえらいですよ〜♪

ホメオパシーはとりあえず再開って感じです。
子供にも結構効果あるみたいなんで、もう一度勉強していかないとなあって思いましたよ。

レンコンは思ったよりも効果があるのでびっくりですよ。よしこさんにも効果があるといいですね。
Posted by ぽんつま at 2006年03月09日 10:23
>とるとるさん
ホメオパシーはたまたま妊娠中に知ったんですけど、奥が深すぎてまだまだ勉強しているんですよ。
大抵の病気は自分で治せると言うのですが…
花粉症は治したいなあと思うんですよね。
単に知りたがりなんです。ちょっと聞いたら調べまくって試したりするのでそれをブログに載せたりしているんですよ。要は趣味?って感じです。

水疱瘡!痕は残らなかったですか?
イトコのダンナが30過ぎてからおたふく風邪をひいて大変だったのもあるのでちょっと怖いのですが、子供の頃かかると安心なのでそう決めたんですけどね。
Posted by ぽんつま at 2006年03月09日 10:30
>えりんさん
そうなんですよね。切れても軽くすむということもあるんで悩んだんです。
でも、ダンナと受けないと決めた以上貫いてみようと思います。
でも、これで子供に恨まれたら嫌ですけどね(・_・;
Posted by ぽんつま at 2006年03月09日 11:02
予防接種うちも一応受けてますが
受ける受けないとかを否定はしませんよ♪
今年も花粉症の季節なんですね。
私は花粉症ではなくて鼻炎気味です。
朝からくしゃみ連発してますよ・・・。
それにしてもさくちゃんおトイレすごいですね。
えらいえらい☆
Posted by maki at 2006年03月09日 13:17
>makiさん
ネットで出会う方はいろんなことを勉強されている方が多いので受けなくてもそれはその家の考え方と言ってくださるのですが、そうでない人もいるのでコソコソしちゃうんですよね。否定されないとすごく嬉しいです。ありがとうございます。
花粉症よりも鼻炎の方が期間が決まっていない分しんどいんですよね。お大事に。
トイレは昼寝から起きたらソッコーで連れて行くとしますよ。朝からちゃんとやっている人もいるので私もさくちゃんもまだまだですね(^-^;)
でも褒められると嬉しいです(*^-^*)
Posted by ぽんつま at 2006年03月09日 16:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

花粉症です
Excerpt: 花粉が舞う次期になってきましたね。
Weblog: 花粉症なんて吹っ飛ばせ!
Tracked: 2006-03-09 01:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。